身長伸ばすための栄養摂取~足りない分はサプリでチャージ~

サプリメント

肝機能を知ろう

女性

肝機能を知る項目

肝機能を見る検査は血液検査が一般的です。健康診断でよく測定される項目の見方を述べていきます。まずはASTです。ASTとはアスパラギン酸アミノトランスフェナーゼの略で肝臓に多く含まれる酵素です。肝臓の細胞が障害を受けると細胞からASTが逸脱して血中に出てきます。つまりASTと上昇は肝障害を反映しているといえます。肝臓以外にも心臓や筋肉にも多く含まれているので、これらの臓器が傷害を受けた場合もASTが上昇します。この時ALTという酵素の数値が役に立ちます。ALTも肝臓に多く含まれる酵素ですが、ASTとの違いは肝臓にのみ多く含まれていることです。よってASTとALTともに上昇していた場合は肝障害を受けていることを確定することができます。

なんで上昇するのか

肝機能の指標になるASTやALTは肝細胞が傷害を受けると上昇しますが、傷害とは外傷だけではありません。肝臓に負担をかける行動をすることで少しずつ肝細胞が傷ついてASTやALTの数値が上がっていきます。具体的にはウイルス、薬物、アルコールによる肝臓への負担で数値は上昇します。肝炎にウイルスの感染、薬やアルコールの摂取習慣により肝細胞は傷害を受けます。これは薬物やアルコールの分解を肝臓がするためで肝臓が疲れていることが肝機能の数値を見ることでわかります。最も身近なアルコールによる肝障害の場合はγ-GTという数値と一緒に見ることで分かりやすくなります。この酵素の上昇はアルコールによる肝障害と胆道系の排泄障害を反映しています。